ねずみ駆除を行うためにねずみの特徴を調べてみよう

ねずみ駆除を行うためにねずみの特徴を調べてみよう

ネズミ

家に住み着くねずみは3種類

日本には様々なねずみが存在するが、その中でも、家の中に住み着くねずみは3種類とされています。その全てが、雑食性のため、人間の食べ物でも臆すること無く食べてしまいます。そのため、台所などでビニールを破いて、生ゴミを漁る被害も出ています。

ねずみ

種類によって棲家が変わる

家ねずみは、それぞれに特徴があります。そのため、棲家も屋根裏だったり床下だったりと様々です。ねずみ駆除を行う場合は、そういった特徴を知っておくことで、スムーズに駆除することができます。

家に住み着くねずみの種類を比較しよう

床下を好んで棲家にするドブネズミ

ドブネズミは主にジメジメとした空間を好みます。そのため、床下などの湿気が溜まりやすい場所を棲家にします。また、寒さに強いため、冬眠すること無く1年中活動しています。

屋根裏に巣を作るねずみの代表ともいえるハツカネズミ

ハツカネズミは小さな体で、チョロチョロと動き回ります。また、高いところを好む習性があるため、屋根裏に巣を作ります。ドブネズミと違い寒さに弱いため、断熱材などを巣の材料に使います。

広告募集中